ウェイブの炭酸泉装置は、介護施設に好評の「炭酸泉」・健康な体のための「水素水生成器」・レンタル料無料のウォーターサーバーなど、水の全てを取扱っています。

炭酸泉装置 ウェイブ mark
株式会社ウェイブの炭酸泉装置
大阪市東成区中本5-12-41
炭酸泉装置 ウェイブ phone
水素水の飲み方
  • 飲んではいけない人はいません。
    ただ、お医者様から一日の水分摂取量の制限を受けている方などは、制限内で無理せずにお飲みください。
  • 是非おすすめしてください。
    水素水を普段からの健康管理に役立ててください。
  • かかりつけのお医者様にご確認ください。
  • 生成した水素水の保管は、水素水専用アルミパックに入れて保管することをおすすめしています。
    また、こちらのアルミパックも水素の減少を完全に防ぐものではありません。 生成後はお早めにお飲みください。
  • 生成後は2時間以内を目安にお飲みください。
    時間が経つごとに水素は空気中に気化してしまうため、濃度が減っていきます。
  • 私たちの体の中には日々活性酸素が発生しています。
    その活性酸素を取り除き、健康を維持していただくためにも是非毎日お飲みください。
水素水について
  • 水素水とは、医学的には「水素豊富水」といい、水(H2O)の中に水素原子(H)と水素原子(H)が結合した
    水素分子(H2)が豊富に含まれている水のことです。
    その水素分子の作用により、20種類以上の疾患や症状に対する効果効能が医学的な臨床試験により証明されています。
  • 人間の体は、 体外では紫外線や排気ガス、 体内ではストレスや化学物質のとりすぎなどで 活性酸素が増加し、 酸化(サビ)を促進します。そこで、水素水を体内に取り入れ、活性酸素を還元させるため エステサロンなどで導入され、美容への効果が期待されています。
  • ppmは、量の単位ではなく、濃度や割合を示す単位で、残留農薬や食品添加物、または大気汚染濃度を表すときに よく使われます。またppmという単位が100万分の1を表すのに対してppbは10億分の1を示す単位として 極微量の濃度を表す際に使われます。
  • ある物質が他の物質を酸化しやすい状態にあるのか、酸化しにくい状態にあるのかを示す指標として 酸化還元電位(ORP)が使用されています。プラスであれば酸化力が強く、マイナスであれば還元力が強いことを 表しています。
aquealablueの仕様について
  • 作ることもできますが、せっかく水素水を飲むのなら、酸化の原因となるカルキや塩素の入った水道水で作るよりも、 浄水や天然水(コスモウォーター)などで生成した水素水をご利用ください。
  • 40度以下であれば大丈夫です。
    それ以上温かいと水素が極端に抜けやすくなります。
  • 浄水器や電解還元水(アルカリイオン水)のようにカートリッジ・フィルター等の交換の必要は殆どありません。
    心臓部の電解ユニットは、毎日4リットル生成で約8年持ち続けます。
    モーターとバルブは7年位で交換する必要があります。 定期的に専用洗浄液・クエン酸を利用して内部のクリーニングを行ってください。
  • アキュエラ・ブルーで生成した水素水は、1回電解で1.0ppm以上、飽和水素モード(11回電解に相当)で1.6ppmの溶存水素が確認されています。
  • 日本、米国、カナダは既に特許取得済みです。他、海外39ヶ国に世界特許申請中です。
    しかも特許範囲が広いことに加え、製造には高度な技術力が必要な商品であるため、類似品や廉価品が市場に出回ることはございません。


Copyright 2017 - 株式会社ウェイブ All Rights Reserved.