オゾン水とは

オゾン水とは

オゾン水は強い酸化力・殺菌力を持つオゾン(O3)が水に溶けた状態のものです。オゾンは反応すると直ぐ酸素(O2)に変わってしまうため、オゾン水はただの水に戻ります。 直接電気分解法(直接電解法)という新しい生成方法を使えば、 水道水や精製水から5mg/L~10mg/Lという高い濃度のオゾン水を瞬時に作ることが出来ます。

直接電解法はオゾンガスとしての生成が不要なため、オゾンガスを溶解する方法に比べて安全性が高く、取扱いも簡単で、 手洗い、医療器具の洗浄など、除菌手段としてすでに多くの医院やクリニックなどの 医療機関での採用をはじめ、食材や加工設備の洗浄など塩素系薬剤に代わる殺菌手段 として、食品分野でも採用され、その有効性が証明されています。
  •  オゾンは酸素原子3つからなる酸素の同素体でO3で表されます。
      (オゾン層は太陽の強い紫外線を吸収し、地上の生物を守っています。)
  •  然界(地表)にも存在し、容易に分解して酸素(O2)に戻ります。
  •  強い酸化力・殺菌力を示し、有害副生物を作らず、 耐性菌も生じません。
  •  反応は瞬時特性を持ち、浸透性がなく生物体内に残留しません。
  •  食品添加物にあげられています。
オゾンは、自然大気中に存在しており、
酸素と同素体である無色の気体です。
オゾンは、酸素分子と酸素原子からできています。

オゾンの分子構造
O2+O=O3(オゾン)
オゾンの5つの作用
  •  殺菌
  •  脱臭
  •  脱色
  •  酸化・分解
  •  生物活性・鮮度保持

オゾン水の特長

  •  細菌・酵母・カビ・ウィルスなど広範囲の 殺菌が可能で、新型インフルエンザ・ノロウィルス対策にも有効であると期待されています。
  •  すぐに酸素に戻るので残留性がなく、有害副生物も生じません。
  •  塩素系殺菌剤では耐性菌の出現が懸念されているのに対し、オゾン水は細菌の細胞膜を破壊するため、耐性菌をつくりません。
  •  手荒れを起こしません。
  •  食品をはじめ多くの分野での殺菌と脱臭、植物病害菌の殺菌と、植物の成長促進などの複合効果を持ちます。
  •  オゾンは食品添加物として認可されています。

オゾン水の殺菌メカニズム

オゾン水による殺菌は『溶菌』と呼ばれ、オゾン自体が分解時に発生する酸素原子の強力な酸化力で細胞の細胞壁たんぱく質を破壊、または分解することで起こります。 細胞壁を破壊された細菌は、細胞内の成分が外に漏れ出る溶菌作用がおき、瞬時に死滅します。 このように、細胞そのものを確実に破壊してしまうメカニズムですから、耐性菌が生まれる心配がありません。 カビ菌のような大きな菌についても同様の作用で大きな効果を発揮します。
一般的な殺菌剤の殺菌メカニズム
(機能的破壊)
オゾン水の殺菌メカニズム
(構造的破壊)

さまざまなオゾン水の利用用途



 一般家庭・食品製造・レストラン厨房
  •  様々な食材や食器の洗浄に

    オゾン水洗浄により、薬剤除去のための水洗いが不要となり、  洗浄によるうまみ成分の減少が少なく、味、鮮度を保持します。

  •  床や排水溝の清掃に

    オゾン水で床などを洗浄することで浮遊菌を殺菌、さらに、 菌繁殖、カビの発生を抑制でき、二次汚染の防止につながります。さらに、オゾン水は同時に、悪臭成分の酸化分解による脱臭効果もあります。

  •  手洗いに

    オゾン水は、アルコールでは十分に不活性化できないノロウイルスを含めウイルス、細菌に対し幅広く除菌効果を示します。日々の手洗いに加え、ウガイにも使用できます。

 医療・介護
  •  ノロウィルス・新型インフルエンザにも有効

    オゾン水は、アルコールでは十分に不活性化できないノロウイルスを含めウイルス、細菌に対し幅広く除菌効果を示します。医療分野での徹底した衛生管理にオゾン水を活用してください。

 製薬・化成品製造
  •  殺菌、脱臭に優れた効果を発揮

    純水、精製水製造設備、製品製造設備等の洗浄、殺菌、 および純水、精製水等の殺菌にも活用できます。精製水供給ラインの殺菌にお役立てください。

 農業・畜産
  •  植物の病害防除および生育促進

    オゾン水を灌水として散水することで病害発生予防が期待でき、農薬使用量の削減に貢献できます。 オゾン水は分解して酸素に戻るため、収穫農作物に残留しません。植物工場においては、手指洗浄、器具洗浄、さらには栽培トレーの洗浄・殺菌にも利用でき、植物工場が目指す無農薬、無菌栽培に貢献できます。